電話代行業者の利用で得られるメリットとは

バナー

電話代行業者の利用で得られるメリットとは

電話代行とは、昭和40年代の頃からある代行サービスのひとつで、企業などのクライアントに代わって電話での応対を業務内容とするサービス業のことです。
サービスには種類があり、代行業者の貸し出した電話番号に着信し、電話転送サービスによる転送でクライアント側が直接応対する場合はナンバーのレンタルのみのサービスです。

これは、多く局番による企業の立地条件が明瞭になることが障害になる場合に使用されます。
また、逆のパターンでは、クライアント側の電話番号に着信した電話を代行業者側へ転送し業者が電話応対をします。



個人企業などの、従業員の人数が少数である場合や、昼食時などの電話応対に人がさけない特定の時間のみの代行などで、多く苦情などの窓口としての利用があります。

以上は、電話転送型電話代行と称される代行サービスです。また、代行業者により直接顧客の電話窓口になるコールセンター型電話代行があり、代行業者が用意した電話番号を利用して、クライアントの代わりに代行業者側のオペレーターが電話応対をします。

iemoの情報を多数ご用意したサイトです。

通信販売業者などに多くの需要のあるカテゴリで、通販の問い合わせや相談窓口などに利用され、クライアント側のスタッフとして顧客の応対をします。

電話代行サービスの利用には、人員削減のメリットが大きく低コストが見込めます。

電話代行を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

また、代行業者のオペレーターは電話対応のみの研修などを受けているため、顧客に対する印象が良い上に、多忙時の応対を任せることによって、顧客を待たすことなくクライアント側は商談や注文などの情報を受け取ることが可能です。